修理・メンテナンス
繊維製品のメンテナンス
メンテナンス

修理・メンテナンス

繊維製品(綿、ナイロンなど)のメンテナンス

カバンの汚れが気になる!

布製(ナイロン・ポリエステル・綿・麻など)の鞄を長い間使用していると、どうしても汚れが目立ってきて気になることがあります。また、近年はバックパックやボディバッグのような体に密着するタイプの鞄も増えたため、衣服と同様に汗のにおいや、シミが気になるといったお話もよく伺います。だからと言って鞄をそのまま洗濯機にかけてしまうと型崩れの原因になったり、生地の特殊加工が損なわれてしまう可能性があります。

カバンをきれいに洗うには...?

まず、1つ目の方法はクリーニング店へ持ち込んで洗ってもらうことです。お店の方に鞄の素材や加工について相談すれば、最適なクリーニングの方法でカバンをきれいにしてもらえるでしょう。

クリーニング代が発生するものの、安心・確実な手段ですので、大切なお品であればご検討の価値があるかと思われます。

2つ目は、ご自宅でお客様ご自身が洗う方法ですが、最終結果はお客様の自己責任になってしまうため、そのことを踏まえてお読みください。

  1. 中性洗剤を水で希釈した洗濯液を用意する。
  2. 洗濯液にタオルを浸し、水が滴らない程度に絞る。
  3. 洗濯液が浸み込んだタオルで、汚れの部分を軽く叩くようにして洗う。
  4. 汚れが取れたら、通気性が良い場所で陰干しする。

上記のような部分洗いでなく、鞄全体を服のように洗いたいという場合は、中性洗剤を水で薄めた洗濯液のなかに鞄を浸けて、手で揉み洗いをするという方法もございます。

しかし、この方法をとった場合は素材の性質変化や、型崩れがより発生しやすいのでご注意ください。また、このような洗い方は、パーツの破損を避けるため洗う前にできるだけパーツを分解しておくこと、天然皮革を部分的にでも使用している製品では行なわないことをお勧めいたします。