修理・メンテナンス
繊維製品のメンテナンス
メンテナンス

修理・メンテナンス

天然皮革製品のメンテナンス

革のお手入れはこまめに行う

革製品のお手入れでまず大事なのは、こまめなお手入れです。通常は柔らかく乾いた布で、埃やよごれを拭き取る程度で結構ですが、定期的にこれを行っていただくことをお勧めいたします。また上記のお手入れの後に専用のクリームを塗る。雨の日には防水スプレーをかけるなどのひと手間をかけていただきますと、より長く美しく製品をご利用いただけます。

水濡れ厳禁!でも万が一、濡れてしまったら...

天然皮革に雨や汗は大敵です。濡れたままにしておくとシミや色落ち、型崩れの原因になるため十分にお気を付け下さい。そうはいっても、突発的な事態で万が一濡れてしまった場合には、乾いた布で軽く叩くように水気を吸い取ってください。また、以下の点にもご注意ください。

・決して布でこすらないでください。
こすると表面の汚れが内部へと浸透し、シミの原因になります。
・ドライヤーやヒーターで乾かさないで!
高熱源を利用して急速に乾燥させますと、ひび割れや型崩れ、変色の原因になります。
・水気を取った後は、詰め物をして陰干しに。
水を拭き取ったあとは、型崩れ防止と吸水のために新聞紙などをカバンに詰めこんでください。
その後、風通しがよく直射日光が当たらない場所に陰干しして保管します。

カバンの汚れに、ご自宅でできる皮革ケア

少しくらいの汚れなら、消しゴムなどで落とせる場合もございます。その際は、素材の色落ちなどにご注意ください。手垢や、インクなどの油性の汚れにはその皮革専用のクリームをお試しください。また、クリームは目立たない場所で試し塗りをして、色落ちなどしないか確認してからご使用ください。